人生に恋するように生きる。 -fall in love with life-

海外とかイラストとかデザインとかシェアハウスとか!

結局のところ、インド人は悪い奴が多いのか?嘘つきなのか?から考える、貧困支援

 

インドの旅行記を見ると、

インド人に騙された!!詐欺にあった!悪いインド人がいた!

って記事が沢山出てきます。

 

ここからは、あいの意見だよ!

 

   トピック①インド人は悪い奴なんだろうか?

  トピック②インド人は嘘つきなのか?

  トピック③ぼったくりは悪か?

  まとめ:なんでぼったくるのか、と私の感じたこと

 

 

トピック①インド人は悪い奴なんだろうか?

そうじゃないです、観光客を利用してお金を上手に儲けようとしてる人がいるだけなんです。

で、それは一部のインド人だけで、皆がそうではなく、むしろ大部分のインド人は親切だし、人殺しやレ〇プを好む凶悪な人種じゃないよ。

 

で、日本人からすると商魂たくましい、悪く言えば一部金のためになんでもするインド人にびっくりすると思うんだけど、

 そもそも、良し悪しの価値観なんて国境国境またげば違います。

割と日本人の多くが「お金を儲けることはやらしいことだ」って透明な価値観を持っていると感じます。

(どちらかというとネガティブ)


インド人の多くは、「お金を儲けて豊かになることは素晴らしいことだ」って信じているように感じます。

(どちらかというとポジティブ)

 

 

「感じた」レベルのお話で、具体的な根拠をていじしてないんで、あれですが…

 

トピック②インド人は嘘つきなのか?

実はあいは一応、元営業マンだったんで言うけど、

日本人も仕事のために嘘なんてみんなついてますよーー(笑) 

 

でも、相手に損失を与えたり、商品の性能を偽る嘘は絶対つかないようにしてますし、そう教育されました。

 

でもインド人の場合、相手に損失与えちゃいますからね!!

 

その宿は今日閉まってる、とか、外国人は通行できない!

 

とか言って、買わなくてもいいもの買わされちゃいますからね!!

えげつないな、とは思うね(笑)

 

そんなインド人も少なからずおるのは事実!

「被害者」にならなくてもいいように、

インドに行く前は予習していきましょう!

 

あと、有名な話なんですが、

インド人の世界では、「困ってる人から聞かれたのに分からないと答えるのは失礼だ」と思ってるらしく、

道を尋ねられてぜんっぜん分からなくても、「あっちだよ」って答えちゃうそうで

「インド人嘘ばかりやーーーー!」って思うのかも(笑)

 

あいも、自分の乗る電車は分かるのに、ホームがどこか分からず迷子になり、

 

駅を歩いている人に「〇番ホームはどこ!?」って聞いたら「あっちだよ」、

 

そのホームに行ったら間違ってて、そこにいた人に聞いたら

 

「こっちじゃなくてあっちだよ」

 

違う人に聞いたら「その電車遅延になってまだ来ないよ」それが何人も続き、

 

ちょっと何が本当だよ!!!ってすごくテンパり、出発時刻の3分前で

「もう無理や…」ってあきらめかけていたら、さっき尋ねた人が追いかけてきてくれて、

「遅延じゃなかったみたいだ、あっちのホームに変更になったんだ、急げ」って言われて、ぎりぎり乗り込めた!ってことがありましたわー。
あれは本当手に汗握った(笑)
だからインド慣れしている人は、最低3人に同じこと聞くんだって(笑)。

 

 

トピック③ぼったくりは悪か?

あと、ぼったくられた!って記事がわんさか出てきますが、

定価が無いものを高めに販売するのって、悪なんしょうか?

あ、定価が決まってるものは除きますよ。

「金を払ったのにツアーが行われなかった」らもちろん詐欺だけどさ、

「ちゃんとツアーが行われて、最低限のクオリティだった」ら、それは詐欺じゃないんじゃないかな。


ぼったくりツアーと言われるけど、

アグラで会った学生さんは、デリーでやっぱり初めは騙されてツアーに参加することになったんだけど、

普通にあちこち観光名所連れて行ってくれて、

普通に観光しただけじゃ分からないインド人の習慣や、

生活がより深く理解できて、それなりに楽しめるものだった、と言っていた。

現地価格よりだいぶん高額なだけで。

 

(脱線するけど、”インドの貧困家庭を見てみよう”なんてツアーも!なんでも商売にするインド人、すげぇな!)

 

私もはじめは、アグラでネックレスを買う流れになってしまい、

日本で買うよりはるかに高いやろ!って額を支払っちゃいました。

その時はぼったくられた―!くやしー!って被害者面してましたけど、

本当はインド人の雰囲気に飲まれてしまって、断れなかっただけです。

ただ気が弱かっただけです。

 

 

もちろん、ホンマにナイフなんかを突きつけられて契約迫られたり、軟禁されちゃった人もいらっしゃると思うんで、その方は怖かっただろうな、残念だったな、としか言えません。

ただ、実際データとったわけじゃなく、「自分の目と耳と体を使った」レベルでは、

ホンマに命の危険を感じるレベルの事件は世間のイメージより多発はしておらず、

実際はお金がっつり取られちゃったね(;´∀`)ってレベルの事件が大部分だと。

 

思ったよりインドは安全な国だったなー、とあいは思うよ!

 

 

まとめ:なんでぼったくるのか、と私の感じたこと

 

で、最後、「なぜ現地相場じゃ考えられない金額を吹っかけてくるのか」


バラナシで出会ったちょんまげインド人のラッキーが言うには、

「自分よりも上位の水準で暮らしている人に対して憧れと同時に強い嫉妬心がある」そうです。

だから日本人をだますインド人が多いんだと。


「持たない」人間は理不尽さを「持つ人間」から盗むこと・八つ当たりすることで和らげようとしている。


それって貧困国にはよくあることで、テロや難民対策には、「その国に援助をして貧しさを解消するしかない」

と言われたりしているみたいで、私もまだまだ勉強中の分野なんですけど。

 


火垂るの墓」で清太が貧乏すぎて人の畑の野菜を盗んでぼこぼこにされていたけど、「盗まなきゃ妹の節子が死ぬんだよ!!( ゚Д゚)」って気持ちには人として共感できるし、「ふざけるな、お前のしてることは犯罪だ!」っていう農家の親父が考えていることは全うじゃないですか。

誰が悪いのか、というと、悪いのは貧しさってことになると思うのね。


私は日本にいるときそんなこと一切考えなくて、

というか自分の仕事の職責でいっぱいいっぱいだったから、

他の国の貧困に対しても、戦争に対しても無関心を貫きとおしていたんだけど、

インドに行ってこうやって忘備録を書いているだけでも、

ちょっとずつ変わってきたように思います。

 

他国のことに無関心というのが悪っていうんじゃないです。

だって日本人は自分のこと、家族のことでいっぱいいっぱいだから(^-^;

他国からしたら豊かって言われても、ストレスはすげー多いし、労働時間は長いし、

日本を生きるのは、すっごく大変だもの。


ただ、
「豊かさと権利を独占するのが幸せ」ではなく、

 

「自分の幸せを願うと同じように他人の幸せが願える」

 

「他の知らない人が笑顔になることも自分の幸せ」


それが地球人の「当たり前」になっていくと、幸せだなあ。嬉しいなあ。そう思うんです。