人生に恋するように生きる。 -fall in love with life-

海外とかイラストとかデザインとかシェアハウスとか!

タイの交通事情 の巻!

 

カオサンが交通の便が悪い、って話が出たので、乗り物の話!

 

バス→もともと地元民の足で安いのですが、

なんと無料のバスもあります(笑)私はそればかり狙って乗りました!
ただバンコクの道は非常に混んで1cmも進みまへんがな!って時間があるので、到着時間の予測がつきづらいです!

あと、車内で停留所のアナウンスは一切なく、今どこを走っているのか、次のバス停はどこなのか分かりません!タイのバスは、外の景色を見て「このへんだ~」って判断して降りるんですって!軽くテンパるけど、周りの人に聞けばたいてい優しく教えてくれるので大丈夫です!

 

水上バス→渋滞関係ないのはすばらしい!けどそもそも水上バスの駅まで歩かなきゃいけないことがあるので、結局時間かかったりする。

f:id:pikoroll0812:20170920020204j:plain

50バーツ=約150円 

渋滞しないので水上バスの存在価値も見直されているそうです。

でも川沿いにしか発着できないから、使える範囲は限られてきます。

f:id:pikoroll0812:20170920021525j:plain

↑ボートから、バンコク3大寺院のワット・アルンも見えます。

夜のライトアップはきれいだろうな~。

 

 

モーターサイ→つまるところバイクの2ケツです。危ないから現地の人も勧めないけど、私は結構乗っちゃいます。
混んでいても車の隙間を縫って走るから速いし、トゥクトゥクよりは安いので!
運転中、モーターサイのあんちゃんに足を撫でられ、ブチ切れそうになったのはいい思い出^^
ただバイク事故も少なからずあるらしいので、自己責任でね!

 

 

 

トゥクトゥク→地元の人も大量の荷物抱えて乗ったりしてるけど、主に観光客がメインターゲットです。

駅や観光地の周辺に待ち構えております。

基本「〇〇まで行きたいんだけど、」と言って値段交渉、つまり値切ります。

日本人の感覚だと、値切ることにあまりいいイメージない人の方が多いんじゃないでしょうか?

ただ、トゥクトゥクマンが提示してくる額が初めからちょっとおかしいんです(笑)

JRの切符で言ったら190円のところを、1000円だよ~くらいに言ってくる人もいます。

切符なら定価が決まっていますが、トゥクトゥクはこの駅からあの寺までいくら、という定価がないんです。

ただ、本気でだましてやろうと思っているのではなく、「多めに稼げたらラッキーだなぁ」って軽い気持ちでやってることが多いと思うので、こちらが適正な価格を提案することは悪いことじゃありません^^

 

タイの物価が分かってきて、トゥクトゥクにも慣れてくると、値段をタイの地元民と同じか、ちょっと高いくらいまで値切らないと気が済まない気がしてきます。

 

ただ、日本人の私たちの方が金銭的に豊かであることほとんどですし、粘って値切っても日本円にしたら20円30円くらいのことなので、ちょっと多めに払うくらいはいいと思うんですけどねぇ。

なのに現地にいくと、ぼられてなめられてる!って感じて躍起になっちゃうんですよね…。

 

トゥクトゥクのあんちゃんたちは個性的で憎めない奴が多いです^^

 

 

タクシー→最上位の乗り物です。天候が悪くてもトゥクトゥクと違って雨にぬれません!

料金が事前交渉のタクシーじゃなくて、「メータータクシー」という日本でもなじみの、走ったメーターごとに金額が加算される方式のタクシーが安心です。

 

 

という訳で、タクシーとトゥクトゥクが一番身近で捕まえやすい乗り物なんですが、そればかり使うと高くつくので、バスや水上バスに乗れるようになると、安くつくし、地元の人の生活が身近に見られて楽しいです!