人生に恋するように生きる。 -fall in love with life-

海外とかイラストとかデザインとかシェアハウスとか!

タイ2日目、アユタヤで象に乗る の巻!

タイに来たら何がしてみたいですか?

私はゾウに絶対乗ろうと決めていました!


アユタヤというバンコクから90分で行ける古都に行けば乗れるっぽかったので、バンコクに到着してから現地のツアーを探したら、ちょうど「明日に間に合う半日アユタヤツアー」があったんです!
しかも1400バーツ!すぐさまポチりました!↓ベルトラ
https://www.veltra.com/jp/asia/thailand/bangkok/?

cid=3_Bangkok_GN&utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=YahooListing_3_Bangkok_GN

 


あいはツアーってものを食わず嫌いしてたんだけど、ツアーのよさも発見しました!

 

メリット① 一人で何か所か見て回ろうと思うと、その都度トゥクトゥクを探して値段交渉しないといけない。


メリット②キャプションは外国語や英語だから、言葉が理解できないとありがたみが分からない。


メリット③写真撮影してくれる人がいる(笑)1人じゃ自分が入った写真撮るの難しいし、誰かにお願いしてカメラを渡して、もしも盗まれたりしたらヤダ(笑)

 

参加者は20代のイケイケな女の子2人組、家族旅行できてる60代のご夫婦と娘さん、一人で来てるアラサーの女の子、それに私の7人でした!

初めて会う人達だけど、自然と仲良くなってきます(^^♪

 


ガイドさんはリュウさんっていう「6年間日本に住んでました」っていうタイ人のおっちゃん!
(ワゴン車でアユタヤに向かう途中、谷村新司の昴をアカペラで熱唱してくれた 笑)

アユタヤは街全体が世界遺産

f:id:pikoroll0812:20170919223424j:plain

f:id:pikoroll0812:20170919231111j:plain

f:id:pikoroll0812:20170919223631j:plain

アユタヤ王朝とビルマが闘って、アユタヤが負けたので、仏像の頭だけを持ち去った、だから頭がない仏像があちらこちらに残っているそうです。f:id:pikoroll0812:20170919223428j:plain

有名な木の根に包まれた仏像の頭。

f:id:pikoroll0812:20170919231304j:plain

とにかく暑かったです。

f:id:pikoroll0812:20170919223721j:plain

f:id:pikoroll0812:20170919223509j:plain

日差しが強いし、気温も高いから、汗が噴き出すっ!

アユタヤで寺院を4つも回ってくれて、正直もう「寺はいいや!満足!」って思いました(笑)
お寺好きの私ですが、タイにいて寺巡りすると、限りないからね…タイは寺院だらけです。

 

 

そして、象さんに会いに!ひゃっほう!!!!!

f:id:pikoroll0812:20170919224059j:plain

f:id:pikoroll0812:20170920014118j:plain

象さんの皮膚は固くて、劣化したタイヤみたいな肌触りでした!

生えてる毛も釣り糸のテグスくらい固かった(笑)
餌をあげたら鼻でとらえて口に持って行くんだけど、唾液で手がべたべたになります(笑)

 

f:id:pikoroll0812:20170919224213j:plain

今回は象の背中に座椅子があって座るタイプでしたが、できることならゾウの背中に直にまたがるタイプだと、もっと像との一体感が楽しめるんだろうな!


ちなみに、象さんって人懐っこくてかわいいダンボみたいなイメージしかなかったんですが、こののゾウ達は事務的で、チップを渡したり餌をあげた後は「もう用はねぇ」って感じでそっけなかったです(笑)f:id:pikoroll0812:20170919224356j:plain


帰りはバンコクまで送り届けてくれて、とっても充実したツアーでした(*^▽^*)
タイは観光大国だから、海外からの旅行者が楽しめるツアーがとても充実してます!
観光産業が国の重要な収入源になっているんですね。