人生に恋するように生きる。 -fall in love with life-

海外とかイラストとかデザインとかシェアハウスとか!

タイに着いた日に誘拐される…かと思ったの巻!

私、誘拐されてるのかもしれない。


バンコクの空港からホテルに向かうタクシーの中。
時刻は深夜の0時を回っている。

 

予約サイトによれば、ホテルは空港から5分の距離にあるって書いてあったのに、
タクシーに乗って既に20分は過ぎている。
後部座席からは時速100キロ以上出しているメーターが見える…

 

どないしよ(^-^;

 

香港国際空港では入れると思ったスカイチームのラウンジに、「メダリオンがあっても貴方の航空券はLCCだから入れないネ」って冷たく言い放たれ、結局ロビーのベンチで4時間過ごした。
さっきまで雨の中歩いていたため靴が内側まで濡れている。風邪をひいてしまうかもしれないとありったけの服を着て温めていたのだが、やはりちょっと冷えてしまったようだ。

早くバンコクのホテルで体を休めたいと思って、到着ゲートを最速で抜け、空港内のタクシーセンターに「このホテルまで行きたいんだぜ!」って伝えたら、なぜかタイの係りのおっちゃんたちがニヤニヤしている。

 

「そこは1000バーツかかるよ」

 

ん?日本円にすると1000バーツは約3000円。
空港から5分の距離にしては、高すぎるんでは??
おかしいとは思いつつも、空港料金なのかもしれんと、お金を払ってタクシーに乗り込んでしまう。
しかし乗ってからだんだんと不安になってきた。やっぱりぼったくりにあったんじゃないか?

空港の中に店構えてるから正規のタクシー会社だと思っていたけど、ぼったくりタクシー会社だったのか!?


「おっちゃん、ホテルまで何分くらい?」
「15分くらいだよ」
「そうすか」

ふーん、15分ね、、


しかし15分過ぎ、20分経過したが、車はすごいスピードで走っている。

 

やばいんちゃう(;´・ω・)
身売りされちゃう(;´Д`)?
どんどん疑心暗鬼になる。

 

 

こんな時グーグルマップで場所が確認できれば…。

不安がピークに達する。

 

窓の外の標識には全く読めないタイ語と…

あ、エアポートっていう字は読める。

 

んんん?

 

今の道路標識、この道は空港に向かってるって感じだったよな。
今空港に向かってるってことは、私どこから来たんだ。

ちょっと待てと、さっき乗っていた飛行機のボーディングパスを見ると、

 

Hong Kong → Don Mueang

(香港国際空港)   (ドンムアン国際空港)

 

じぇーーーーっ、スワンナムプーム空港に着いたんじゃないの?スワンナプーム空港のすぐそばにホテル取ったのに!

ドンムワン空港って何処よ!?

 

地図を見たら、バンコクのメインの空港はスワンナムプーム空港ですが、大分離れたところにドンムワン空港の文字を発見。

この日初めて知りました。バンコク市内に国際空港は二つあるんだね。

 

つまり、ドンムアン空港という小さい空港に到着するチケットを買ったことに気づかず、
ホテルを40キロ離れたスワンナプーム空港のすぐそばに取ってしまっていたのだ!

例えるなら、成田空港のすぐ側にホテル取ったのに、羽田空港についちゃったイメージだよ!

 

おっちゃんが「フィフティーン」って返事したんだと思いこんでいたが、「フィフテー」、50分ってことだ!


謎はすべて解けた!
犯人は、私です!(笑)

 

タクシーのおっちゃん、疑ってごめんね!!

タイの人、疑ってごめん!


タクシーセンターの親父たちが笑っていたのは、「遠いな」「この時間からスワンナプームか、きついな」って言ってたんだろうネ(笑)
20分間の緊張が一気に解けた…

 

ホテルに着いたのは午前1時過ぎ。フロントのお姉ちゃん寝てたけど、起こしちゃった…ごめんね。私が空港間違えていた

 

んだ…って説明したら分かってくれました。とほほ。

 

そんなこんなでタイの滞在が幕開け!