人生に恋するように生きる。 -fall in love with life-

海外とかイラストとかデザインとかシェアハウスとか!

香港3日目①ー台風襲来ー

f:id:pikoroll0812:20170917222126j:plain

朝食代わりの「焼き小籠包」。肉汁がジューシー!あつあつ!


はわわわわわ。
朝起きたけど、やっぱり腰は痛い(>_<)
この旅はまだ始まったばかり。だから今ダメージを回復しておくのが得策かもしれん。

 

マカオって分かりますか?

ポルトガル領で、香港から1時間半くらいで行ける、中国の特別行政区です。

カジノで有名な小さな街です。

香港のガイドブックをめくると、たいていマカオも乗ってたりする。

割と本気でマカオに行ってちょっとカジノでギャンブルやってみる!?

いいネタになるよね、とも考えていたんだけど、でもいちいちまた違う通貨に換金するのも面倒くさい。マカオはまたの機会にしようっと。

よっし、今日は私という闘うボディ(by VALENTI)をいたわる日にしよう!

 


さあ、行くぜ!と思ったら、今まで同室のルームメイトから声かけられることなんかなかったのに(メンバーはみな短期間で入れ替わり、挨拶程度しかしてい

なかった)、急に初めて会ったアジア系の女の子から「おはよう!どこ行くの!?」って声かけられた。キュートな女の子ね、私より10歳以上若そう。あなたパンツ一丁で私になんの用だろうか?

 


あい   「観光で来ました!今日は香港に行こうと思います(カタコト英語)」


女の子「香港?って香港島?そうなの!?ぺらぺら(めっちゃ流暢な英語)」


予定が無かったら一緒に観光でもどうですか?って流れかにゃ!?わくわく!


女の子「今日は観光は難しいかも、台風が来るから」


ま じ か


今日雨降ってるなあとは思ったけど、台風ですか!
日本で言えば気象庁、みたいな役割をしている香港の機関が危険度レベルを発表している。
「シグナルレベル8」が発令されると何もできない、ってガイドブックに小さく載っていたような!


あい   「えーと、香港島の2階建て路面電車とかに乗ってみたかったんだけど、止まっちゃったりする?」


女の子「多分止まるね…」


ま じ か


あい   「台風が来てるなんて、全然知らなかったよ!教えてくれてありがとうね!ほんま!あなた優しい!(カタコト)」
その子は去年まで学生で、カナダに最近まで留学してたから英語めちゃ喋れるみたい。フェイスブックでつながったんだけど、最近採用試験受かって香港の銀行員になるのが決まってるみたい。エリートやん!
シェアハウスに泊まると同じような旅行者に出会って意気投合できるかな、と思っていたけど、あまり交流したがっている人はおらずさっぱりした人ばかりだったから声かけてもらって嬉しかったよぉ!ありがとう!

 

 

香港は元イギリス領で、比較的労働者の権利が守られているそうな。台風のなか、従業員に出勤を強要することはできないんだって。

朝からシグナル8が発令されるとどうなるかというと、会社も学校も店も軒並み休みになる!
昼から発令されると?
昼からみんないそいそと帰宅!
家で台風一過をじっと待つのかな、と思いきや、友達に会ったりして遊んでるそうな。
どんなことがあっても仕事は休むべきではない!という社畜…もとい仕事熱心でまじめな日本では考えられないよね!
日本だったら、電車が止まりだしてから「本格的にやばいから帰ろうー」って流れになりません?
日本でも取り入れてほしい制度ですなぁ。

 

 

台風でもできるかぎり楽しむどー♪って表に。

風もちょっと吹いてはいるけど、折り畳みの傘が裏返るほどの風ではない。
しかしさすがシグナル8。お店が軒並みしまっていてあいておりませんよ。
お目当てのマッサージ屋さんも閉まっていた。


でも大通りから一本入ると、明かりの灯ったお店がちらほらある通りが。
わあ!パン屋さんだ!
しかも私が食べたかったエッグタルトを売っているではないかぁぁぁぁ!f:id:pikoroll0812:20170917222101j:plain

説明しよう!エッグタルトとは卵のタルトではなく、カスタードクリームの乗ったタルトで、香港&マカオの名物なのだ!
これを食べたかったの…!
隣に並んでいたチキンのタルトとともに購入し、イートインスペースはないので雨を避けつつ、ほおばる!

 

はあ、幸せ(*´▽`*)

カスタードがプルプルだよお。ほんのりやさしいお味。

 

 

そしてその3件隣位に空いているマッサージ屋さんを発見!よっしゃ!
「康達足療美容中心」↓
http://www.rurubu.com/overseas/detail.aspx?ID=122466

f:id:pikoroll0812:20170917222134j:plain

結論。おじさんのマッサージ、めっっっっちゃ上手かったぁぁぁぁぁぁ!!
わいの腰、息を吹き返しました!

あなたは神か…


ちなみに私が入店した際、他に誰もおらず貸し切りでした。
でも10分くらいして入ってきた父・母・娘・娘の4人家族は日本人。
そのあと入ってきた女性一人客も日本人。


狭い店に日本人客ばかり6人集合。

海外で日本人観光客にあうと、気恥ずかしくて、日本人ではないフリしちゃいません?(笑)
私だけ?


足裏マッサージを担当してくれたおばちゃんが気さくな人で、「台風だからすることないよ~」って言ってたら、「多分、お昼過ぎにはレベル3に下がるよ☆

」とのこと。よし。では台風が過ぎることを願ってメトロで香港島に行こうではないか!

 

続く!