人生に恋するように生きる。 -fall in love with life-

海外とかイラストとかデザインとかシェアハウスとか!

香港2日目①ー自由と不自由のあいだー

f:id:pikoroll0812:20170917233151j:plain

私が恋したビクトリアハーバー

朝。昨日は歩いて身体を酷使したせいか、爆睡だったぜ!


ベッドでごろごろしながら

 

今日のプランを考える。あ~、自由だなあ。
何時までに宿を出て何時までに出勤しないと、っていうルーティンの外にいる。
いつご飯を食べようが何をしようが構わない。自由だ!

 

二日目の予定を考えるにあたって、ふと「深夜特急」のことを思い出して検索してみた。そしたら、出てくる出てくる、旅行者のブログ~!
深夜特急」とは沢木耕太郎っていうノンフィクション作家さんがユーラシア大陸をバスで横断する旅行記なんだけど、この本私はめっちゃ好きだったんです。

高校生の多感な時期に、私もバックパックしたい!

って広島の県立高校の図書館で思春期の胸をときめかしたもんです。

未知の冒険が自分もしたくて、世界を自分の目で見るんだ!

って日本を飛び出した人、人生狂った人たくさんおるんやろうな(いい意味で)。
沢木さんが旅した時代と現代では40年以上隔たりがあるわけで、当時は発展途上だった国も現在経済発展著しく、当時の面影を今に求めるのは不可能だ。
香港もバンコクもマレーシアも、全く別物になっているんだろうと思う。

ただ、深夜特急バックパッカーの永遠のバイブルです。読んでるとドキドキして旅立たなきゃ!って思えてくる!

 

 

二日目は旅が楽しくなってくる。

昨日までは左右も南北も分からず、土地勘がないのでひとまず地図とMRTの路線図を握りしめて歩く。

腹がすいたら屋台で食べる!でもどの紙幣、硬貨を使えばいいの?わからん!とちょっとプチパニック起こしながらお金を払う。何度も硬貨とにらめっこしながら切符を買って、どきどきしながら乗り換えをする。

それを繰り返していくうちに、地図が無くても歩けてきて、乗り換えも土地勘も「わかってくる」。

お金の使い方も相場も「わかってくる」。

紙幣じゃなく持ってる小銭でちゃんと払えるようになったら、楽しくなってくる!

 

 

二日目は九龍(カオルーン)を散策することにした。
日本に帰って写真を見せられるように、わかりやすい所に行こう!と思いまず行ったのがアベニューオブスター(星光大通)。
http://www.discoverhongkong.com/jp/see-do/highlight-attractions/themed-attractions/avenue-of-stars.jsp
世界的なスターの100人の手形と、俳優のブロンズ像なんかがあって、ここでブルース・リーと記念撮影できます。

f:id:pikoroll0812:20170917205558j:plain

 

f:id:pikoroll0812:20170917205644j:plain

しっかしね、めちゃくちゃに暑いんですわ!!!(2017年8月)
湿度が高いのもあるけど、日差しの下を歩くと、日差しが痛ぇ!昔沖縄旅行行ったが、沖縄の夏の日差し並みに、痛ぇ!
流石亜熱帯!というわけで早々に退散でございます。
中国人のおばちゃんが、ノリノリでカンフーポーズしてブルース・リーとツーショット撮影していたのがほほえましかった^^

そのまま歩いて佐敦(ジョーダン)や旺角(旺角)の方まで行くぞー。

 


香港の地名って面白いよ。広東語の読み方と、英語の読み方で2つおいしい、みたいな。
「太子」で、プリンスエドワード!!「香港仔」で、アバディーン!!って読むの!!
ちなみに地名じゃないけど、「○○中心」は○○センターってこと。文化センターとかのセンター。
崇光って何でしょう?
答えは日本のデパート(香港にもある)「そごう」のことです。

 


途中、九龍公園ってところがあって寄ってみたら思いのほか広い公園だった。
公園っていうか、自然公園+スポーツセンターみたいな開けた緑地帯で、池には大量のフラミンゴまでおりました…!ネイザンロード沿いにこんな大きな公園があるなんて!

 


土日だったので、地元の人が沢山いました。太極拳の練習をするおばちゃん。走ってる人。
イスラムのモスクがすぐ隣にあるので、民族衣装を着たイスラム系の人もたくさんいた。
ベンチに座って休憩がてらスケッチする私。
おちつくなあ。街中にこんな広い公園があるなんて、羨ましいなあ。
上半身裸で武術の鍛錬をしている青年がいて、あまりの気迫に、勝手に「ブルース君」と名付けて遠巻きに眺めておりました。。(変質者 笑)

 

ちなみに香港、古い建物を壊し建て直す工事が町中で数えきれないくらい行われていますが、工事現場のお兄ちゃんたち、気温が高いためかなりの確率で上半身裸で作業をしていらっしゃいます!さすがに写真撮影はできませんでしたが、眼福でございましたぁっ!マッチョ万歳!!\(^o^)/マッチョ万歳!!

 

九龍公園が広すぎて散策してたら、海の方まで来てしまった!

真っ青な海と、世界的な銀行の高層ビル群。

やっぱりきれいだ。

 
ところが。

その巨大なビルを見ながら私は空虚な気持ちになっていた。
あちら側では、エリート達が世界を相手にバリバリに仕事をしているのに、私ときたらどうだろうか、って考えちゃったんです。


会社を辞めて日本を飛び出してきたのだから、役職も肩書もなくなってしまったわけだが。
自分を説明する肩書がなくなったら、残った私って一体何者なんだろう?
自分のことイケてる奴って思っていたけど、ただの井の中の蛙だった。

会社に勤めて身に着けたのは、世界に通用する力じゃなく、ただの社内スキルだけじゃないか。

英語も喋れないし、世界のこと何も知らない。世界に通用するスキルが何もない。

自分、やばいな。

この旅をとおして、一番ショックを受けた瞬間だったと思う。

 


そして今朝「私は自由だ」、なんて思ったのに、このとき自分のことを「私は不自由だ」と思ったんだ。

 

 だってこんなにいろんなこと考えて、感じても、喋られるのは日本語だけ。

表現したくても絵も上手くかけなくてヘタッピだ。

 

高校生の頃の夢は漠然と海外に住むこと、絵を描く仕事をすることだった。

多分何か自分の想いを表現したかったんだと思う。

でも英語も絵も本当にうまい人と比べたら恥ずかしいくらい下手で、気づいたら努力するのをあきらめていた。

結局今もそのままで、この気持ちを表現したいのに、狭い日本を出たとたん、誰にも伝えることができない、この不自由さ。

 

 

狭い日本の中で満足するんじゃなく、世界で活躍できるくらいに自由になりたい!

それには自力をつけないと!

 

新しいことを勉強しようという気持ちがむくむく湧いてきた!

まずは英語!セブ島に英語留学しよう!

絵も描くし、昔やりたかったデザインの勉強もしなおそう!

そう思った。

 

 

読んでくれてありがとう!

香港二日目②に続きます!